ありのままを人に見せられるようになった〜ゆりちゃんのインドヨガ留学体験記〜

2019年2月タームに参加したゆりちゃん。
日本にいる時から、事前に参加者の体験談を読んできたと言います。ダンサーなので、体がとてもしなやかで、どんなアーサナもダンスをしているかのようにポーズをとっていたのが印象的でした。そんなゆりちゃん、45日間どのように、過ごし、最後はどう感じたのでしょうか??

きっかけ

踊っているゆりちゃんの写真

ダンサーとして活躍するゆりちゃん

今の私に必要なのはヨガだ!!
と、年の瀬に思いました。

10代の頃からなんの根拠もなく、
私はインドに呼ばれている…と思っていました
実は5年程前サンタナで
インドに行ってヨガの資格を取りに
行きたい!と母に言ったことがありました。
まず国内からにして…と
止められてしまいました。
当時の私は1人で行動したことがなく
電車に1人で乗るのがギリギリくらいの
行動力スキルでした。
止められても仕方なかったかもしれません。
そこまで行動力スキルも上がることなく5年程が過ぎ、踊りのこと、
体の故障との付き合い方、
将来のこと色んなことを考えすぎるほど考えて過ごしていました。

やっぱりヨガをもっと深く学びたい
バリ島、ハワイ、オーストラリア…
色々考えた結果
絶対にインドに行くしかない。
と思いました。
スーパー心配性の母を説得することにした私
「踊りにも必ず活きていくのは
間違いないし、なにより
私の人生においてヨガは絶対に必要
と、思うのでインドに行ってきてもいいですか」
と説得すると、そこまでいうのなら…
承諾してくれました。

インドファーストコンタクト

ビックバザールへ買い物後、フードコートでランチをする様子

初日は同じタームのメンバーと買い物&ランチへ

飛行機に1人で乗るもの初めての私
インド行きのトランジットで早速
15人程のインド人に囲まれました。
おお…と最初はかなりビビってしまいましたが、
あれ…?思ったよりも怖くない
All friends? と聞くと
yeah!All friends!!と嬉しそうなインド人達
おお…インド人は思った以上に陽気だ…!
飛行機で隣のインド人にも
3時間通しで話しかけられるもインドについて
色々教えてくれたり入国カードを取って
書き方を全て教えてくれたりと
とても親切にしてくれました。

インドは暖かい国!1〜2月は寒いといっても
肌寒いくらいだろうと思って
半袖ばかり持ってきていた私
プリーについた2月の深夜
とても、とても寒い。
日本と同じくらい寒かったです。
インドも寒い時は寒いんだな…と
思いました。

インドでの生活

現地の学校へ行き、折り紙を折って遊ぶ写真

学校ボランティアへ行き、一緒に折り紙を折って遊んだ♪

着いたばかりの日には
インド人の勢い、野犬達の勢い、リキシャーの勢いなどにビビっていましたが、
みんなでお買い物へ行ったり、
ロッジの近くをぷらぷらと散歩している
うちに不思議と全くビビらなっていきました。3日目くらいからは
むしろ楽しく接することができていました。

日本にいた頃は10時間以上の睡眠をとっていた私ですが、
インドに来てからは今までの半分ほどの睡眠時間で十分になり
5時過ぎに自然と目が覚め、支度をし
日の出と共に洗濯をするという
朝の日課ができました。
実践クラスでの呼吸法やアーサナー、
瞑想が大きく関わっていると思います。

レストランにてヨガ生とランチの様子

ラゾイレストランにてカレーランチ会

とにかくスパイスが大好きな私は
ここぞとばかりにインドの食べ物を
食べたい!!と考え
ここぞとばかりに機会があれば
カレーを食べに行き、夜は屋台に行き、
屋台のおじちゃんに
食べ物の名前を聞き学び、
日々スパイスを摂取していました。
サンタナ ロッジでは
日本食も食べられるので味噌汁などの
日本食は持参していきませんでしたが、
私の場合、あまり日本食が
恋しくなることはありませんでした
そのくらいプリーでのカレーは
最高に美味しかったです。

実践クラス セオリーについて

バカーサナをするゆりちゃん

バカーサナ:鶴のポーズを決める

日本で ふんわりとヨガをやっていた私
ほぼ知識もないし、アーサナーもほとんど
知らないし、大丈夫かな…
ついていけるのかな…足引っ張らないかな…などと思っていました。
実際の実践クラスでは
新鮮で、興味深くて、驚きや発見の毎日で
そんなこと、うじうじ考える間が
一切ありませんでした。
プラカーシュ先生は生徒一人一人を本当にしっかりみてくれて
どこまで体を伸ばせるか、どこを直せばより
本来のアーサナーに近づけるか的確に教えてくれます。
全く出来なかったアーサナーも
自分の体のクセを知り、使う筋肉や
バランスのとり方が徐々にわかってくると
スッとできるようになったりしました。

ヨガを哲学の観点からも
しっかり学びたいと思っていました。
ヨガをふんわりとしか知らなかった自分でも
ただアーサナーをとるだけがヨガでは
ないとわかっていました。

ルチカ先生のヨガセオリーは
今まで自分のぶつかっていた壁や
答えが出なかったことの
道に繋がるお話ばかりでした。

自分とは何か
自分と本当の意味で向き合う
今までわかっていてもできないことを
挑戦することができました。

ワークショップ

とにかく面白かったです。
私は科学的、理論的にヨガを
考えたことがありませんでしたが
ターム内にも
スピリチュアル派、科学的理論的派
と色んなタイプの仲間たちで
様々な意見を聞くのも本当に楽しかったですし、
全てなるほど…!と
思えるものばかりでした。

ワークショップでは
科学的理論的観点でも
納得できるような
内容で素晴らしい時間でした。

空き時間や日曜日の過ごし方

ビーチにて海に向かって走り出しそうな様子

休日の朝は朝日を見にビーチまで。

靴を履いたまま海の中へ

テンション高まり靴のまま海ではしゃぐ!

アーユルヴェーダのドクターとヨガ生

アーユルヴェーダ診断。ドクターと記念に

授業と授業の空き時間は
みんなでカレーを食べに行ったり、
どこかへお買い物へ行く以外は
だいたいいつも
空きスペースで踊りの自主練を
させてもらっていました。
基礎の筋トレと柔軟、ウォームアップ、
アイソレーション、バーレッスンなど気分によってメニューを変え、
一通り終えてから
日本から送ってもらった動画を見て振りの
練習をしていました。

一通り終えるとだいたい1時間半くらいです。
そこからシャワーを浴びて
お昼を軽く食べ授業へ向かうという日が
1番体のコンディションも良かった気がします。
日本では1時間半も
1人で自主練はなかなかできませでしたが、
インドでは自然と集中して行うことが
できました。

浴衣を着て同期のまりさんとあやかちゃんと

ODISHA JAPAN FESTIVALで浴衣を着て盆踊りを♪

旅人、ヨガ生みんなでビーチBBQの様子

ロッジの旅行客、ヨガ参加者とみんなでビーチBBQ!

日曜日は毎週充実した日々を過ごせ
本当に楽しかったです!
2月の1週目にはODISHA JAPAN FESTIVAL
もあり、インドで浴衣を着て東京音頭や
結果的に色んな踊りを踊ることができて
とてもいい経験になりました。
そのほかにも、芸術村へ行ったり
みんなでサリーを着てスーリヤ寺院に行ったり、
ビーチでBQQをしたりと
イベント盛りだくさんでした。

変わったこと

ナタラージャをするゆりちゃん

インストラクター役のゆりちゃん。まるでダンスをしているかのように華麗にポーズを決める

私は 今まで自分の本当に思っていること
深層に考えていること、
自分の今まであったことなど
人話したことがありませんでした。
話したとしても、表面のサラッとした部分
だけ、ということが多かったと思います。
インドではシェアリングの機会が
たくさんありました。
最初は、うまくやっていけるだろうか。
本音で話さないと成立しないものだ…
どうしよう…と思っていましたが、
インドの地だからなのか、
自分と向き合えつつあったのか、
周りに恵まれていたこともあり、本当の気持ちを
シェアすることができました。

あ、私自分のことちゃんと話せてる

と驚きました。
自分自身を受け入れて、
ありのままの
自分を人にみせることが
できるようになったんだと思います。

45日終わって

2Fヨガホールにてシェアリングの様子

45日のシェアリング。この後涙が溢れてきて…

最後の1週間
私は、あまり大きく変われなかったなあ…
変わる気満々だったのに
と思っていました。でも自分のことを
色んな角度や距離からみれるように
なったかもしれない。よかったな。
くらいに思っていました。
終了式の日、急に私はなんとも言えない
虚無感に見舞われました。
かなり動揺しました。
45日間あまり大きな変化はなかったけれど、
すごく充実したし勉強になったはず…あれ?
となっていました。

そのあと、みんなで最後のシェアリングで
一気にたくさんの感謝でいっぱいになり
感極まってしまいました。
期待していた以上に
自分自身と向き合う力、行動力
色々な力を得ることも出来たし
なによりもインドから、
インドで会った全ての方達からたくさんの
ものを与えてもらったことを
最後の最後にビリビリと感じました。
そして、

「有難い」

という言葉でいっぱいになりました。
心の底からインドで サンタナで
過ごすことができて良かったと思いました。

日本に帰る日、
空港へ向かう車で窓の外の
ホーリー前夜のインドを
ずっと眺めていました。
こんなこと思ったことありませんでしたし、
恥ずかしいですが、
インドが大変愛おしく感じました。
私は必ず戻ってくるんだろうな
とも思いました笑

日本に帰ってくると…

ダンスショーで踊るゆりちゃん

帰国後に迎えたダンスショーで中心になって踊るゆりちゃん

帰国した日、
スタジオに踊りのレッスン行きました。
ほとんどの方から
ゆりちゃん、変わったね。
と言われました。うろたえました。

雰囲気が違う、顔が違う、綺麗になった、
若返ったね!など見た目の変化
先生方からは
立ち振る舞い、体の伸ばし方、
踊りが良くなった、
発言が変わった とまで言われました。
自分でも変わった部分はあるかなと思っていましたが、
私の姿を当分見ていなかった
スタジオの方たちは私の多くの変化に気づいてくださり、
その変化を教えてくれました。

行動力スキル0だった私
スキルのレベルアップに成功しました。
これから
色んなことに挑戦していこうとしています。
自分の変化を大事にして、
これからも変わり続けていきます。

サンタナからのお知らせ

インドヨガ留学を含めた、プリーでインドデビューをするためのプログラムのご紹介です。

①カレーツアー(2020年 1/11~1/17)
②ヨガ×ウェブセミナー(2020年 3/20〜3/27)
③インドヨガ留学 RYT300取得60日コース(2020年 4/6〜6/4)
④インドヨガ留学 RYT200取得45日コース(2020年 1/6、2/3、3/2、4/1、5/1、6/1、7/1、開始)

以下お知らせです。

①カレーツアー

インド・ネパールカレーの専門家と一緒に行く、インドのカレー探求ツアー。次回で3回目となる、コイノボリ食堂とのコラボ、インドカレーツアー。家庭料理を味わったり、穴場の美味しいカレーを食します。2020年は1/11~1/17の予定です。

こいのぼり食堂こーすけと行く、インドカレーツアー’20 -家庭料理&学校キャンプスペシャル-
https://indiasantana.net/travel/currytour/


②ヨガ×ウェブセミナー

2018年12月のタームにRYT200に参加したしんちゃんとサンタナのコラボ企画!インドの伝統的なヨガを学びつつ、ノマドワーカーとして実際に働いてきたしんちゃんのwebセミナーを短期集中型で学べるプログラム。2020年3月20日~27日の予定。

ヨガインストラクターのための
「ほんとうにやさしい」WEB活用セミナー × ヨガ短期留学

https://indiasantana.net/travel/yoga-web/


③インドヨガ留学 RYT300取得60日コース

RYT200を取得した後のアドバンスコース。ヨガ哲学を深く学び、理解し、哲学をアーサナ・呼吸法・瞑想・浄化法とつなげていきます。さらにヨガ哲学を日常につなぐため、意識的に日常生活を送っていきます。同時に自分の身体・息・思考と徹底的に対峙する60日間です。次回は2020年4月の予定。

インドヨガ留学 全米ヨガアライアンス-RYT300-資格取得コース
https://indiasantana.net/travel/yoga-ryt300/


④インドヨガ留学 RYT200取得45日コース

全米ヨガアライアンス協会認定の資格取得コース。宿泊費込み、日本語サポート付で45日間で22万円8千円〜 資格取得保証!日本と価値観が異なるインドから、外界からの刺激を受けヨガでの自己と対峙する過程で、内面からの刺激も受け大きな変化を遂げることもしばしば!ほぼ毎月開催!

インドヨガ留学 全米ヨガアライアンス-RYT200-資格取得コース
https://indiasantana.net/travel/yoga/

 

ヨガスタッフブログ書いてます!

ヨガスタッフとして活動してくれているのんちゃんのスタッフブログ~インドの海辺でヨガ生活、若干不定期ですが、一応週一回の予定で更新していきます。

インドヨガ留学インスタグラム

インドヨガ留学に関するインスタグラム始めました。ヨガの写真だけでなく、インドの写真、カレーの写真など盛りだくさんです♪ 現地の様子を是非ご覧ください♪

 

この投稿をInstagramで見る

 

《インドヨガ留学》byサンタナトラベルさん(@yoga_by_santana)がシェアした投稿