試練クエストver.インド ~ヒンディ勉強中女子のインド・ヨガヨガ滞在ブログ~

ブログを書いてる様子です。

みなさんおはこんばんにちは!

ちひろです。

 

さーて!

今日ももりもりブログ書くぞー!!!

 

 

ブログ更新

ブログを書いています。(順調)

カタカタカタ(`・ω・´)

 

ブログを書いています。(疑問風)

カタカタ(@_@;)

 

ブログを書いています。(悩みながら)

………(;´Д`)

 

 

 

 

ブログを書いています。(頭抱えて)
ネタが思いつかない!!!!
なんてこったい!

 

行き詰まり

えーんどうしよう!

開始4日目にしてブログ終了!?

 

 

…そうだ💡!

 

 

坂本さんに助けを請うわたしです。
「助けてよう、坂本さん~!!!」(の〇太風)
 

振り返る坂本さんです。

「ん?」

 

(お仕事中でした。スタンドワーキングマン)

 

訴えるわたしです。

ブログのネタをください!

行き詰まってしまいました!!

 

考える坂本さんです。

「ふむ、、」

 

本を差し出す坂本さんです。

「ひとまずこれ全て目を通すんだ。」(てってれー!)

 

 

ひえ~!

坂本さん、どこから出したのこの本たち!!!!

 

渡された本を見て驚くわたしです。

こんなにー!?多い!(焦)

 

一体どんな本なんだ?

 

本の紹介

地球の歩き方とロンリープラネットのインド版です。

坂「まずはガイドブックを読んで、プリーやオリッサのことを知るんだ。」

 

ふむふむ、確かに大事だ。

 

 

・地球の歩き方『インド(2016-17)』(地球の歩き方編集室、2017)

ご存知の方も多いはず!

細かい情報までカラーでたっぷり。旅人には必須の一冊ですね!

最新版(2017-18)はこちらからご購入いただけます。

 

 

・ロンリープラネット『インド』(サリナ・シング、2004)

日本語版と英語版があります。

白黒ページが多めですが、こちらも読みごたえがあります。

 

 

『南アジアを知る事典』

 

坂「次にこの本でジャガンナートや、気になる単語を調べるんだ。」

 

おおう、随分と分厚い本だ!

 

 

・南アジアを知る事典(平凡社、2002)

1005ページにわたり、

南インドについてキーワードごとにまとめられています。

知りたいことを一気に調べられるので、非常に便利です。

 

 

『まずはこれだけヒンディー語』、『ヒンディー語のかたち』

坂「ヒンディー語勉強しているいんだから、これで復習をするんだ。」

 

ぎくっ、頑張りますう、、

 

 

・『まずはこれだけ ヒンディー語』(高邑青、2009)

ヒンディー語を易しく学べる本。入門編におすすめです。

 

・『ヒンディー語のかたち』(小磯千尋、2013)

なかなか取っつきにくいヒンディー語を、視覚的に学べます。

見ているだけで面白い本!

 

 

『インドよ!』、『インド日記』

坂「インドに来たからにはこれも読むんだ。カレー好きだろう。」

 

まあ、、カレーは好きです。好きです。

 

 

・『インドよ!』(東京スパイス番長、2015)

タイトルからは全く中身が想像できません。

インド料理とスパイスのプロが書いたインド愛にあふれた一冊。

 

・『インド日記‐牛とコンピュータの国から‐』(小熊英二、2000)

社会科学学者である著者のインド滞在日記。

インドの伝統や宗教のあり方、テクノロジーと社会変動など

様々な角度からのアプローチが面白い。

 

 

『プリーサンタナ完全攻略本』
坂「これはサンタナプリーに伝わる伝説の書だ。」
なんか香ばしいのきた…すごいぞ…

 

 

・『プリーサンタナ 完全攻略本』(???)

内容に関してはまた後日詳しく書くとしよう…

 

燃えてきた!

 

必死に本を読むわたしです。

そんなこんなで

わたしのインド・プリーについての猛勉強が始まったのであった…!

 

 

(次回につづく)