世界遺産スーリヤ寺院に行ってみた!~ヒンディ語勉強してる女子大生によるインド・プリーでのヨガヨガ滞在ブログ~

スーリヤ寺院の仲見世通り。

日曜日はDay offということで、

ヨガメンバーと共に世界遺産スーリヤ寺院を訪れました!

スーリヤ寺院とは

スーリヤ寺院の中の子どもをくわえる象。

スーリヤ寺院の中の子どもをくわえる象。

以前ちらっと紹介したスーリヤ寺院は、

プリーから1時間ほどの町コナーラクにあります。

13世紀に太陽神スーリヤを祀る寺院として建設されたスーリヤ寺院は、

イスラム勢力の侵攻により倒壊した場所が多くあります。

 

建設に20年物歳月と12年分の税収をつぎ込んだこの寺院は

ユネスコ世界遺産に登録されています。

入ってみた!

スーリヤ寺院には半人間の銅像がたくさんあります。

スーリヤ寺院には半人間の銅像がたくさん。

行ったのは日曜日ということで、インド人観光客がたくさん。

ちらほら欧米の方も見受けられます。

日本人は私たちだけ。穴場の世界遺産ですね!

 

入場料を支払って中に入ります。

ちなみに外国人は500Rsです。

インド人は10Rs

観光スポットに行く度に思いますが、この額の差は本当に大きいですよねえ…

 

お天気が良く、写真も映えます!

スーリヤ寺院の大車輪。見切れるほど大きい!

スーリヤ寺院の大車輪。見切れるほど大きい!

こちらは圧巻の大車輪。12対(24個)あります。

 

スーリヤ寺院は

”馬にひかれて天を駆けぬける馬車を模した太陽神の館”

であったため、このように車輪が作られたそうです。

 

細やかな装飾がとても素敵。

 

またもやターリー

ジャガイモベースのODISHA THALI。

ジャガイモベースのODISHA THALI。

この日のお昼もおなじみのターリー。

血液がカレーになるのではと思うくらい、日々カレーを食べています。

 

お店のおじさんゴリ押しの「ODISHA THALI」を頂くことに。

一口食べて口に広がるジャガイモ。

また別のカレーを食べて、ジャガイモの味。

まさかと思いつつさらに別のカレーを。

うん、ジャガイモが入っている。

 

全部の料理にジャガイモが使われていて、

もはやジャガイモターリーと言っても過言ではないでしょう(笑)

 

美味しかったのですが、満腹に胃が膨れました!

まとめ

補強されているスーリヤ寺院。

補強されているスーリヤ寺院。

13世紀に造られたとは思えないほど繊細な彫刻と、存在感のある大車輪。

 

晴れた日のスーリヤ寺院は、建物が力強く見え、

太陽神の偉大さを感じることができました。

 

けれども皆さま暑さ対策はしっかりと!お水大事。