『タイ古式マッサージセラピスト養成講座』とは?

腕の血止め中。この後指先までザーッと血が流れます

皆様こんにちは。

スタッフのこんちゃんです。

もう6月! 日にちと曜日の感覚がなくなってきております…。

日本は緊急事態宣言解除になりましたね。少しずつお外に出る方も増えているのでしょうか?こちらではラタヤットラという大規模なお祭りがもうすぐ始まります♫昨年から参加してみたい!と思っていたのですが、今年は当たり前のことながら、一般人は参加できないそうです…涙 また来年リベンジ。

『タイ古式マッサージセラピスト養成講座』を年末年始に第1期、ロックダウン中(現在も継続中…5度目の延長だったかな?)の4・5月に第2・3期と開催させて頂きました。

今回は『養成講座』ではどんなことをしているのか。また『講座で大切にしていること』について私の想いをつらつらと。

『タイ古式マッサージセラピスト養成講座』

コースには、『ベーシックコース』と『プロフェッショナルコース』の2つがあります。

どちらも決まった行程を覚えること、マッサージの時の体重のかけ方・身体にあるエネルギーライン『セン』の圧の強さと方向・ストレッチのやり方を学び、最終日にテストをします。

流れが決まっていますので、マッサージに興味はあるけれど人に触れるのが不安。という方にもおすすめです。

ベーシックコース(今のところ5日間)

仰向けの1時間の施術が出来るようになります。タイ古式マッサージの基礎を学ぶコース。

アキレス腱・ふくらはぎのストレッチ。自分の立ち位置・目線によって効き方が変わります

プロフェッショナルコース

(今のところ5日間)

  • 横向き・うつ伏せ・座位を学び、約2時間の施術が出来るようになります(ベーシックコースを学んだ人向け)
  • マッサージをしながら、セラピスト側は股関節と下半身の筋力強化。太ももプルプル中。

養成講座で大事にしていること

エネルギーライン『セン』の確認中

私は講座の時、生徒さんにとっての『良い姿勢』を知ってもらい、良い姿勢でマッサージをする事の大切さをお伝えしています。良い姿勢の時には手の力が程よく抜け、自分の体重を上手にかけることができるので、指を痛めてしまうことも少なく、セラピスト側も疲れにくくなります。正しい姿勢で行うことで体幹を使うことができますし、柔らかさもでてきます。YOGAをされてる方にはアーサナにも生かすことができます。

なにより日常に『良い姿勢』を活かして欲しいのです。

普段、姿勢の良い人をみると素敵だなと思うことはありませんか?

姿勢を保つ筋肉は脳との繋がりがあり、幸せを感じるホルモン『セロトニン』を分泌する効果があるそうです。背中が丸まって下を向いている人より、まっすぐ前を向いている人のほうがなんとなく明るいこと考えていそうですもんねー。

ハードスケジュールだけど、皆さんけっこう元気でした(よね…?)

日常で良い姿勢が保てる=身体の大きな筋肉を使える ことになるので、血行を促し、代謝をUP。そうするといらないものは身体から出やすくなり、必要なものは入りやすくなります。セロトニンが分泌されると感情をコントロールしやすく、穏やかでご機嫌な状態も長続きします。『巡りの良い自分』になれるということですね。とってもお得。

自分の身体にもっと興味を持って欲しい。どんな体勢が自分で自分を疲れさせ、どんなふうにすると楽になれるのか。マッサージを通して、少しでも知る『きっかけ』になってくれたら嬉しい。そんな想いで提供しています。

次回は記念すべき養成講座第1期生、ゆりねぇの体験談についてご紹介させて頂きます!

それではまた~