こいのぼり食堂こーすけ「インド食の旅」DAY1「家庭と食」編~ヒンディ語勉強してる女子大生によるインド・プリーでのヨガヨガ滞在ブログ~

自己紹介と事前レクチャーの写真です。

3/3 こいのぼり食堂こーすけ「インド食の旅」1日目

 

石川県でカレー料理屋さんを営むこーすけさんによる、

こいのぼり食堂こーすけ「インド食の旅」

 

 

3/3~3/8の6日間、

「〇〇と食」をテーマに自分の食を見つめ直そうという企画になります。

 

1日目は「家庭と食」がテーマです!

 

チャンドラ・セカール・アカデミー

チャンドラ・セカール・アカデミーのエントランス。

チャンドラ・セカール・アカデミーのエントランス!

まずはリキシャ―に乗ってチャンドラ・セカール・アカデミーへ。

サンタナグループが運営している学校になります。

 

こちらでは日本語のクラスがあり、わたしたちもお邪魔させていただくことに!

 

クラスでの様子

自己紹介をする男子生徒。

自己紹介をする男子生徒。

自己紹介を日本語で行う生徒たち。

彼らは9年生で、日本では中学校3年生にあたります。

 

また、好きな食べ物を聞くと、

「ピザ!」「チキン!」「パニール(チーズのこと)」

 

の答えが多く、アメリカっぽいな!

と全員で総つっこみ!

 

インドの食文化も変わってきていることが窺えます。

 

自己紹介をする女子生徒。彼女は将来公認会計士になりたいそう!

自己紹介をする女子生徒。彼女は将来公認会計士になりたいそう!

 

その後、フルーツバスケットをしました!

とっっっても久しぶりにしたのでルールさえ忘れていました(笑)

 

チャンドラ・セカール・アカデミーでの集合写真。

チャンドラ・セカール・アカデミーでの集合写真!

生徒たちと楽しい時間を過ごすことができました!

 

昼「家庭の食」

「家庭の食」みんなでいただきます。

「家庭の食」みんなでいただきます!

 

管理人さんのお家にてお昼ご飯を頂きました。

スパイスを加えて作るところから見るのは初めてで、

見ててわくわくしました。

 

魔法みたいだったなあ!

 

 

お母さんの作ったターリー。

お母さんの作ったターリー!

「インドで食べた料理で一番美味しい!」と喜びの声を上げる参加者さんもいました!

お母さんの優しい味が身に沁みます。

 

家庭では普段見られない料理の裏側や秘密を知ることができて、

ご飯がより一層美味しく感じられました。

 

夜 おすすめレストラン

RASOの入り口。

RASOの入り口!

夜ご飯はサンタナホテルから歩いて5~10分のところにあるお店

「RASO!」にて。

 

 

こちらは坂本さんおすすめのレストランで、美味しいターリーが食べられます。

 

ターリーとはお皿のことで、

たくさんの種類が小皿に入れられて、そして一つの大皿で提供される形です。

 

つまり写真のようなやーつ!

ピリ辛のエビターリー。

エビターリー、ピリ辛でおいしい!

こちらはエビカレーのターリーです。

お昼のカレーとは違い、チリのピリリとした辛さがアクセントになっています。

 

まとめ

家庭でご飯をいただいて集合写真。

家庭でご飯をいただいて集合写真!

目で見て・香りを嗅いで・作る音を聞いて・口で感じて・手で食べるカレー。

 

五感をフルに使って頂いたご飯は、

信じられないくらい美味しく感じました。

 

カレーにこんなにも種類があるなんて想像だにしなかったし、

たくさんの発見があり非常にいい経験になりました。

 

明日も続くこいのぼり食堂こーすけ「インド食の旅」。

 

次はどんな食に出会えるのかなあ!楽しみです!