色々あり今はヨガスタッフ!~のんちゃんのインドヨガ留学体験記~

現ヨガスタッフ、のんちゃん。2018年の7月のヨガ留学参加者の1人でした。感じのよさ抜群で、誰の相談でも親身になってくれるので「困った時の、のんちゃん」という状況になっていました。プログラム終了後も2週間一人、自分と向き合う時間を取ってから帰国。その後、インドに戻ってきてスタッフ就任、という何とも嬉しい出戻りを果たしてくれました。以下、体験談には実際にのんちゃんの心が何を見てきたのかが、記されています。

ヨガを始めたきっかけ

インドヨガ留学参加前のハワイ、マウイ島での一枚。

インド行く前のハワイ、マウイ島にて。ちなみに表紙の写真も♪

恋人との別れがきっかけです。 どうしてうまくいかなかったんだろう、あの時私があんなこと言わなければ…と自分を責めてばかりの毎日でした。当時は仕事も辞めていたので、何もかもなくなってしまった…そう思っていた時にふとヨガがしたいな!と。直感というか、すとんと頭に降りてきた感じです。笑

そこから、自分で探し、知人から紹介されたヨガ教室へ。その先生の人柄に惹かれ通うことにしました。今だからわかるのですが、その先生のヨガはアーサナに拘らず、ゆっくり体を動かしたり、呼吸法や笑いヨガを組み合わせ、たっぷり90分間の間で今の自分の身体の状態を見つめるという内容のヨガでした。 先生から〝今の自分はどんな状態ですか?〟と問いかけられ、初めて自分の身体の状態を客観視する経験をしました。ヨガの時間だけは、心が穏やかになれたし、今の自分を自然と受け入れられました。

なぜインドへ?

インドでバナナ売りの女性と一緒に写真を。

プリーで少し有名?!なバナナレディと一緒に

ヨガを学びたいと思い始めた頃、友達がFBでサンタナ兄弟の長男クンナさんと繋がっていて、サンタナトラベルの存在を知りました。何度かやりとりをして、その時はインドかぁ、、、と、あまり行く気にはなれませんでした。 実はその頃に復縁していたのですが、二度目の別れを経験することに。

そこで、「今の私にはヨガしかない!」と思い、迷いはなくインド行きを決意しました。心の底では、ハワイやバリ島で受けたいな~と憧れていたもの、すぐに行きたかったのも事実。時期的にすぐにスタート出来るのがサンタナのヨガでした。

 いざ、ヨガ留学へ

ホテルのヨガホールにて先生役の様子

先生役を体験した時の様子

呼吸法、瞑想、アーサナと毎日同じプログラムで2週間くらい経った頃から気持ちが落ち始めていました。 自分の価値観が何一つ通用しないインドで、毎日感じる事、考えも変わって行く。共同生活、ヨガでの気づき、自分の事、今までとは全く異なる生活、その“違い”を楽しもうとしていました。

それでも行き詰まることも… そんな時は坂本さんから借りた本(身体で考える)を読み始めたり、ヨガの実践レッスン中でいつもは忘れがちな笑顔を意識してみる等、意図的な変化が身体にどのような作用があるのか試してみたりしていました。

ヨガプログラム終了後もプリー残ったわけ

同期のメンバーとブバネシュワルのショッピング中の写真

ブバネシュワルにできたショッピングモールにて

実は45日終えた後で2週間ほどプリーに残って自分のヨガに取り組みました。それは、「自分のヨガが終えていない」という感覚があったからです。 プログラム終了間近、大きく体調を崩してしまい、最終日も出られず、寝込んでしまいました。 充実感、達成感は全くなく、勝手に終わっていったという感じです。。。

それまでは身体と対話しながら過ごせている、という実感があり順調だったからこそ、なんだかとても悔しくて。 もう何がなんだかわらなくなり、頭はぐちゃぐちゃ。今までの身体との対話ってなんだったの?悔し涙で溢れ、心と身体がバラバラになってしまいました。

同期メンバーと観光を控えていたのですが、行く事を止め、帰国までプリーに残ることにしました。2週間の中で坂本さんから出された宿題(自分なりのヨガの取り組み方を考えてみること)を考えて実践してみたり、8月生と混じり再度ワークショップを受けたり、その日の感覚で実践クラスに参加したりと、自分なりにヨガと向き合っていきました。

瞑想センターで瞑想中

瞑想センターにて

ここで断言します。 プログラム終了後は絶対残ったほうがいい!!数日でもいいです、
ライセンスの為のヨガではなく、プログラム化されていない、〝自分のヨガ〟をすること、自分のペースで行うことで身体感覚を研ぎ澄ます練習にもなります。プログラムが終わってからが本番。その本番に向けた準備をインドにいる間に出来た方が、帰国後戸惑うことも減ると思います。

 帰国後

証明書と一緒に同期メンバーと

証明書を手に同期のメンバーと♪

帰国してすぐに1週間は怒濤のような日々でした。日本は安心、安全で過ごしやすい。ご飯も美味しいし、なんてったって温泉最高! ただ、なんだか心だけが窮屈を感じていました。「これからどうするの?」「そろそろちゃんとしないと」と言われた事で〝今〟にフォーカスするのではなく常に先を考えをしてしまう自分がいました。ヨガ哲学で〝今〟を生きると学んだにも関わらず、日本に帰って来たら全くできない自分がそこにはいました。考えすぎたことで大きなダメージを受けたことがあったことも思い出されました。

にもかかわらず、何かに追われるように〝ちゃんとしなきゃ〟と考えてしまいそうなる自分。「考えずに感じる。」 心の中では、考えずに感じたい!そう思っていたと思います。 自分の中で大切な何かを始める時は感覚で物事の選択をしてきました。そして、その感覚は間違っていなかったと確信を得ていました。でも何も感じられずに思考が止まらない自分と、その自分に違和感を感じている自分がいました。

帰国の出発の直前にホテルのロビーで撮った写真

プリー出発の夜。8月タームのメンバーとまりあちゃん、講師のプラカーシュと。

そういった自分に危機感を覚え、「感じる」為にヨガをしよとしてもうまくいきませんでした。呼吸法は咳き込んでしまい、太陽礼拝は気が散漫して集中できない。そんな自分に驚きと戸惑いが増していきました。 〝今〟を生きると自分で思っていても、感情が過去の出来事に引きずられてしまい、心をコントロールし、フラットにすることすら忘れてしまっていました。

なぜ日本ではこうなってしまうのか。。。

みゆきちゃんと日本で再会した時の一枚

同期のみゆきちゃんと帰国後に再会し、成瀬雅春先生のヨガを受けてきました

ここで一つ自分の中で疑問が生じました。「インドではあれだけ気持ちよく過ごせたのに、日本、特に実家ではそうできないのだろう」というものです。改めて、避けていた自分と家族についても見つめ直す機会がやってきました。自分を一歩はなれて見てみると、自然と背けてきた家族への違和感、家族の中での自分。。。しんどいながらも、そうやって自分と家族を見つめてみると、家族とのことで納得がいかないことなどをどこかしらで家族のせいにしていた自分がいたことがわかりました。

渋谷の広告「あなたは自分を生きていますか?」についハッとさせられることも…

でも、よくよく考えてみると、家族や誰かのせいではなく、物事の根源は全て自分の中にあった、と気付いていきました。そのことに気付いてから、今まで積み重ねて来た年月だけ、心の中にあった蟠りが少しずつ無くなっていき、そして涙がたくさん溢れてきました。家族との関係の深い部分での納得いってない感、それに対して何もしない自分へのいらだち、そういう部分が不安定で自分がもろいんじゃないかという心配。実は、こういった気持ちが、今まで私をずっともやもやさせていたのです。

そして、私のヨガ生活は始まったばかりです。まずは、自分の為にヨガを続けて行きたいと思っています。いつ、どんな出来事があっても一旦立ち止まること、そして自分と向き合い、自分に問いかける。ヨガを続け、環境が変化してもブレない身体作り、マインド作りをしようと思いました。

インドへ行く前に…

インドへ戻る前に、坂本さんのお母様と卒業生のゆきさんとお会いする機会に恵まれました。

坂本母のレッスン

坂本さん宅にて坂本さん母とプラカーシュ

一緒に写真を撮るのを忘れてしまったので、坂本母さんとプラカーシュとの写真を…笑

坂本さんのお母様だけあって、発する言葉一つ一つが勉強になりました。
まるで身体のスペリシャリスト!

・全てはコアの部分
・インナーを鍛えていくこと、意識するだけで違ってくる
・呼吸は全てのスポーツに通ずるもの
・スポーツをするとヨガを違った角度から学べる
・人の意見にとらわれなくて良い

そして、この言葉。

「引力を感じない身体を作ると楽しくなる。」

これは、例えば歩き方一つとっても、足を動かすというよりは、重心が移動しているだけ、そう言ったイメージだそうです。コアの部分さえしっかりとしていれば、自然と姿勢も正され余計な力が抜けるようです。仰る通り、坂本さんのお母様の姿勢は立っている時も座っている時も無駄な力が入っておらず、とても美しかったです。

早速、坂本さんのお宅から帰る時、重心移動を意識して歩いてみたのでした。笑

ゆきさんとの対話

ゆきさんのインスタラクター写真

日本でインドでのヨガを教えているゆきさん。刺激をうけました。

その晩に仕事帰りのゆきさんと合流し、日本でヨガをどのように伝えているのか、インドではどういった生活を送っていたのか、、、根掘り葉掘り聞かせて頂きました。先輩の言葉はとてもリアリティがあります。日本でこのように帰国した後に繋がれることが嬉しく、改めて人との縁に感謝した日となりました。

それにしてもゆきさんが選んだくれたお店…
お洒落なカフェで、食べ物も飲み物も本当に素敵〜!
席からなんと満月が見えて贅沢な時間でした。そんな東京も満喫しちゃいましたーーー♪

そして今

坂本さんとホテルのバーにて

こんな感じでスタッフしながら自分を見つめ、ヨガしています…!自分を再度作り上げるためにインドに戻ってきました!色々相談して、しばらくスタッフとして活動させてもらうことになりました。ヨガ留学に来られる人たちのサポートをしながら自分の身体と心を鍛えていこうと思います。

これからインスタグラムの編集やヨガスタッフの日記なども発信していきます。どうぞ宜しくお願いします!

 

 

お知らせ

ヨガスタッフ日記

今回体験談をまとめてくれたのんちゃんがこれからスタッフ日記を書いてくれます。ヨガメンバーとの出会いやプリーの日常について書いてくれます。まずは週に一回の更新をしていく予定です。宜しくお願いします。

インドヨガ留学インスタグラム

インドヨガ留学に関するインスタグラム始めました。ヨガの写真だけでなく、インドの写真、カレーの写真など盛りだくさんです♪ 現地の様子を是非ご覧ください。
アカウント→yoga_by_santana

2018年・2019年のインドヨガ留学

インドヨガ留学の今後の予定ですが、

2018年の開催は、11月5日(締め切りました)、12月3日

2019年の開催は、1月1日、2月1日、3月1日、4月1日、5月1日、開始予定です。