第四弾:「ヨガは宗教?スピリチュアル?」今日から使える!インドヨガ留学生yukiの一番身近なヨガ理論?

ヨガ留学終えました(実は結構前ですが。。。)

だいぶだいぶ前のこと。。書き溜めて更新していなかったブログを更新!記事は昨年11月に書いた話なのは秘密・・・♡笑

年末に無事にRYT500を取得し、計5か月にわたるインドヨガ修行を終えました。

卒業式♪そして帰国し先月からは都内でヨガを教え始めました♪♪が、日本から引き続きインドヨガ留学情報お伝えしていこうと思います!

ハリドワールに2週間ほど、プリーからプチ留学してました~~~。

ここはオレンジの服をまとったサドゥだらけ

サドゥとは?と先生に聞くと、「諦めた人」とのこと。

???

このオレンジの服に身を通すということは、家族も家も結婚も仕事も、あらゆる欲望を手放すことを意味するそうです。

アシュラム(お寺と宿泊施設が一体になった、社会活動等が行われる場所)に住んでいたり、道端に寝ていたりですが、誰も食いっぱぐれることなく街やアシュラムから十分に食事も提供されている様子。

 

私はこのハリドワールにある、先生が修行したアシュラムに2週間ほど滞在していました。

先生曰く、ここのアシュラムの人々はスピリチュアルな人たちだそうです。

スピリチュアルな人たちってなんぞや。。ですよね。

ヨガをしていると出会うこの言葉。先生に改めて教えて頂きました。

「スピリット/霊/魂」とは??

魂は宇宙のエネルギーに他なりません。

電化製品に例えると、扇風機が私たちの身体、そこを流れる電機が魂です。

魂は生まれも死にもせず、存在し続けるエネルギーです。

人が生まれる時に身体に入り、人が死ねば身体から抜けます。

身体は一時的なものにすぎず、根っこのエネルギーはみんな同じ宇宙のエネルギーを分け合っている、と考えられています。

スピリチュアルな人とは?

「自分」と「他者」を同一視する感覚が強いほど、スピリチュアリティの高い人です。

逆に言うと、「自分」という意識、「他者」という意識が高いほどスピリチュアリティの低い人です。

自然や全ての生き物との繋がりを感じ、自分にも世界にも温かい目を向けているような人がスピリチュアルな人です。

アシュラムでのランチタイム

ふむふむ。確かにここの方達はごはんを作ればご近所さんに持って行き、誰だかよく分からない私みたいな人にも楽しんでいるか、好きな物は何か、食べろ食べろと無償の愛を注いでくれました。

感謝されようとも思っていないし、人の為とも思っていない、いい人になりたいとも思っていない。「家族だから」「友達だから」「何かしてもらったから」「見過ごすのは悪いから」そんな理由もない。

自己と他者との境があまりないのです。人の喜びは自分の喜び。人の苦しみは自分の苦しみ。スピリチュアリティが高い時、お互いをケアするのはとても自然に起こることのようです。

南インド料理をつくって他の滞在者にお裾分けするルチカ先生。

見返りを求めるでも評価を期待するでもなく、何者にもなろうとせずに、何かをする人。

その表情はいつも、ある種の幸せに溢れています。ケアされるのも勿論幸せ、でも、ケアしたくなってしまうって実はそれ以上に幸せなんだ。

そんなことを考えながら過ごしていました。

ヨガはスピリチュアル?ヨガは宗教?

ヨガはスピリチュアルであり、宗教ではありません。

違いは何でしょうか?先生に聞いてみました。

 

宗教:

祈り方やルールも様々、キリスト・仏陀・シヴァ神、と神様の形も様々。

キリスト教徒、仏教徒、ヒンドゥー教徒、などと結果的に自分と他者の間に隔て、区別があります。

 

スピリチュアル:

自分は宗教や身分などの全てを超えたエネルギーであると気が付くこと。キキスト・仏陀・シヴァ神、どの神にも同じエネルギーを観るし、キリスト教徒にも仏教徒にもヒンドゥー教徒にも同じエネルギーを観る。服装や食事や祈りなど目に見えるものではなく、内側のエネルギーの働きを観る。従うべきルールや制限はない。

また宗教とスピリチュアルをこんな風に説明している記事もあります。

“Religion is like a banana skin and spirituality is like a banana. Spiritual is internal, religion is external. All the religion shares the same thing. God takes many forms of universal energy.”

 「宗教はバナナの皮、スピリチュアリティはバナナの実のようなもの。スピリチュアルは内側、宗教は外側。全ての宗教は内に共通のものを持っている。神は様々なエネルギーの形をとって現れる。」

ヨガは自分の内側を理解していくこと。

ヨガの最終ステージ(悟り/サマディー/真我に気づくこと/自分とは何かを知ること)に達することは、心でもなく身体でもない自分の本質=魂=宇宙のエネルギーに到達することを意味します。

そして同じ本質を他者の中にも見ること。

自分という意識も他者という意識もなくなり、すべてと溶け合い一つになった「超意識」の状態。

ガンジス河で沐浴する人々。ハリドワールは静かで神聖な空気が漂っている。

 

毎日歩いた散歩道

スピリチュアリティを高めるメリット

ヨガ=健全な身体と心づくりに効果的なイメージが強いかもしれません。

でも、本来ヨガは魂レベルの(スピリチュアルな)効果を目指したもの。

もちろん、魂が健康になる過程で身体と心も健全になっていきます。

ヨガで最初は身体、次に心、自分と繋がっていった先には周りの人や生き物と調和していく魂レベルの(スピリチュアルな)効果が出てくるそうです。

私たちの日々のストレスの原因となり得る、妬み、嫌悪、批判心、執着、恐れ、劣等感などといったネガティブな感情。

その背景には、「私が、私が」といった自我/エゴイズム、「こう見られたい」「こうありたい」「こう思われたくない」といった自分へのこだわり、強い自己意識があったりします。

スピリチュアリティを高めるメリットは、そういったエゴイズムから解放されること。

周囲との隔たりが薄れ、周りや自分との調和や繋がりが感じられ、安定感、心に寄ったりとした平穏が広がります。人との小さな違いにイライラしなくなったり、代わりに暖かい目を向け、理解し思いやる気持ちが自然と高まります。

全てはまずはそのままの自分を受け入れることから。自分と調和することから。

逆に例えば自分自身の心身と友達でないとき、自分を否定し繋がりを感じられていない時に、他者も同じように大事にするなんて難しいですよね。

「スピリチュアル。」

得体が知れない怪しい言葉ではなく、確かに自分や人の中に存在するものとして、この滞在で少し体感することができました♪♪♪

 

次回はヨガの聖地、リシケシ旅ブログです♪

プリーヨガ留学との比較もお伝えします。

 

★ヨガ留学について、ヨガについて、インドについて、ご質問などございましたらいつでもコメント下さいませ♪♪

★インスタをヨガ用に始めました。こちらからもDMなどお気軽に♪

アカウント:「yukiniyogini」