インドヨガ留学のスタッフを詳しく紹介しちゃいます!私たちがヨガ留学をお手伝い。皆さんの参加をお待ちしています!

サンタナトラベルで人気のプログラム。
インドヨガ留学 全米ヨガアライアンス -RYT200- 資格取得コース
今では、RYT300(RYT500認定)のコースや、
ウェブやSNSを使ってのマーケティングの仕方が学べる短期留学コース
アーユルヴェーダと組み合わせたヨガリトリートコースなどなど、
多彩なプログラムが出来ています。

今回は、そんなインドヨガ留学で、
参加者の皆さんの留学をお手伝いする、スタッフを紹介しちゃいます。
私たちにぜひ会いに来てください!
皆さんのご参加を心よりお待ちしています!!

ゲストハウスのオーナー、フォクナ

フォクナ

サンタナ3兄弟の末っ子にしてサンタナゲストハウスのオーナー。

生まれたころから日本人に囲まれており、日本語はネイティブ並み。実父から受け継いだプリーのサンタナ・ゲストハウスをデリー・コルカタ・バラナシに広げていった。更には日本の京都にもゲストハウスを展開している。

普段はプリーに身を置きインド旅行の様々な相談に乗っている。日本人の心を深く理解している尋常じゃない頼れる感で、旅行者だけでなくヨガ生のどんな悩みにも答えてくれる。

旅行代理店も手がけており、チケット手配のプロフェッショナルでもある。今回のプログラムでは希望者へのチケット手配のお手伝いや生活上のサポートを担当している。日本が大好きで年に1、2回のペースで訪れている。

インドのことならフォクナに聞いちゃえば良いじゃない!?

画像クリックでフォクナの記事が読めます。

 

サンタナのヨガ責任者、坂本

坂本

サンタナのヨガ責任者。

40年近くヨガに取り組む母を持ち小さい頃からヨガを見て育つ。ただ、自身は身体が硬いからと体育会系の運動を行う。人生の転機の後にサンタナトラベルにおいてヨガの紹介を始める。ヨガ参加者をコーディネートする傍ら、ご縁を感じ始めて自身もヨガと向き合うことに。

他者とそして自らの変容を感じ、スピリチュアルの方向のヨガセオリーの通訳をしながら同時に科学的な分析・武道家や医者の本などを読み漁る。ヨガ留学参加者に請われ、その理論と実践を伝える場としてワークショップを開催していく。

またヨガ生の内省をより深めるためにCTIのコーアクティブコーチングを学び始めるが、そこでもまず自分の変化を感じる。2020年に応用コース修了予定。ワークショップと面談を担当している。プリーで妻と3歳の娘と暮らしている。

サンタナトラベル坂本のヨガ日記

画像をクリックで、坂本のヨガブログが読めちゃいます。

 

申し込み窓口とカウンセリングを担当、
のんちゃん

のんちゃん

大失恋を経て、ふと「ヨガがしたい」という軽い思いから、2018年7月タームに参加。

ヨガを日常に取り入れたいと思うようになり、ターム終了後もヨガを深めようと2週間インドに残ってから帰国。しかし、環境の変化に実践することができず、日本で大きく心がブレてしまう。ヨガを自分の中に落とし込むために再渡印。そのタイミングでヨガスタッフとして活動を始める。

ヨガを学ぶことは、自分の中にしかない答えを見つけていくこと。対話を通して自己理解、自己受容に繋がればと思い、メンタル心理カウンセラーの資格を取得。インドヨガ留学の申し込み窓口とカウンセリングを担当し、現在、上級心理カウンセラーの資格取得に向けて勉強中。

のんちゃんのインドヨガ留学体験記

画像をクリック:色々あり今はヨガスタッフ!~のんちゃんのインドヨガ留学体験記~

 

ヨガ哲学の通訳を担当、みきちゃん

みきちゃん

岐阜県出身。大学を卒業後の就職活動がうまく進まず、内定をもらった会社に就職するも心が疲れ果て退職。

会社を辞めたことに対して「自分は負け人間」だと思い込んでしまう。人から評価されることをしなければと焦り、オーストラリアでワーキングホリデーに参加。しかし、自分の本質は変わっていないので、同じ悩みに突き当たる。

その後、外部に働きかける対応に限界を感じ、自分を変えるためにインドでヨガを学ぶことを決意。2018年の8月のプログラムに参加。

その後ヨガの可能性を感じヨガスタッフとして働きつつ、何度かプリーと岐阜を行き来する。その中で改めて、プリーに可能性を感じ2019年の11月から長期スタッフとして、哲学の通訳を担当。今後アーユルヴェーダプログラムを始動するべく、そちらの勉学にも励んでいる。

みきちゃんのインドヨガ留学体験記

画像をクリック:埋もれたくなかった〜みきちゃんのインドヨガ留学体験記〜

 

マーケティング・プロモーションを担当、
はるかーしゅ

はるかーしゅ

長崎県出身。専門学校卒業後医療事務として15年勤めた病院を退職。

そのタイミングで大好きなインドでヨガを学ぶことを決め2019年9月タームに参加。そこで本当の意味では、自分に自信がなく、人の評価で自分に付加価値を付けていた自分とトコトン向き合う。自分で自分を認めることの大切さと、誰もがそのままで価値があることを改めて気づかされる。

本当の自分を生き始め、偽ることなく本来の輝きをこの世界に発信していけば、素晴らしい調和のとれた世界が創れる。そしてそんな世界を創ることが自分の使命だとも気づくことになる。そんな思いを実現するために、サンタナで働くことを切望。

現在はヨガスタッフとして、マーケティング・プロモーションを担当している。

はるかーしゅのインドヨガ留学体験記

画像をクリック:インドにふらっときて、人生の使命にうっかり気づいてしまった!~はるかーしゅのインドヨガ留学体験記~

 

【タイ古式マッサージ養成講座】始動に向けて準備中、こんちゃん

こんちゃん

神奈川県出身。【好きなことを仕事にしたい・人の健康に役に立ちたい】という思いから、ヨガインストラクターとタイ古式マッサージセラピストとなる。

日本の大手のヨガスタジオにて、長年インストラクターとして働く。人の役に立てる仕事に就けたものの、自分には何かが欠けているという気持ちに縛られるようになる。

2019年4月プリーでヨガを学び「自分に足りていない何か」ははっきりする。しかし、解決策が見つからないままタイチェンマイでマッサージの勉強。タイ古式マッサージの指導者資格を取得。

プリー滞在中にタイ古式マッサージの資格取得の講座が開きたいと思い、9月よりサンタナロッジスタッフとして働き始める。自分の課題点とも向き合いながら【タイ古式マッサージ養成講座】始動に向けて準備中。

こんちゃんのインドヨガ留学体験記

画像をクリック:なりふり構わずいった先に見つけたもの〜こんちゃんのインドヨガ留学体験記〜

 

ヨガスタッフのブログ記事です。

ヨガスタッフ、のんちゃん、みきちゃん、はるかーしゅの、ヨガスタッフブログです。

ヨガ留学のことはもちろん、ヨガ留学生の日々の生活、休暇の過ごし方を紹介していきます!またインドを知らない人でもプリーという町が安心して生活できる場所であることを知ってもらえたらと思っています。

画像をクリックで、歴代ヨガスタッフの記事をご紹介

 

サンタナからのお知らせ

①インドヨガ留学 RYT300取得60日コース(2020年 4/6〜6/4 12月に延期)
②インドヨガ留学 RYT200取得45日コース(2020年:8/3、9/10、10/1、11/2、12/1、開始)
③アーユルヴェーダ×ヨガプログラム(次回開催未定。HP現在作成中)

以下お知らせです。

①インドヨガ留学 RYT300取得60日コース

RYT200を取得した後のアドバンスコース。ヨガ哲学を深く学び、理解し、哲学をアーサナ・呼吸法・瞑想・浄化法とつなげていきます。さらにヨガ哲学を日常につなぐため、意識的に日常生活を送っていきます。同時に自分の身体・息・思考と徹底的に対峙する60日間です。次回は2020年4月 2020年12月の予定。

インドヨガ留学
全米ヨガアライアンス-RYT300-資格取得コース

https://indiasantana.net/travel/yoga-ryt300/


②インドヨガ留学 RYT200取得45日コース

全米ヨガアライアンス協会認定の資格取得コース。宿泊費込み、日本語サポート付で45日間で23万円8千円〜 資格取得保証! 日本と価値観が異なるインドで、外界からの刺激を受け。ヨガを通して自己と対峙し内面からの刺激も受ける。大きな変化を遂げることもしばしば!ほぼ毎月開催!

インドヨガ留学
全米ヨガアライアンス-RYT200-資格取得コース

https://indiasantana.net/travel/yoga/